• TOP
  • > ティーチング・ポートフォリオ

ティーチング・ポートフォリオ

ティーチング・ポートフォリオ 愛媛大学の第2期中期計画に掲げている「『ティーチング・ポートフォリオ(教育業績記録)』を活用して、教員の教育業績を適正に評価する仕組みを作る。』の取組の1つとして、教育企画室では、ティーチング・ポートフォリオ(以下「TP」)の作成支援を行っています。
 
TPは、「自らの教育活動について振り返り、自らの言葉で記し、多様なエビデンスによってこれらの記述を裏づけた教育業績についての厳選された記録」のことであり、教育業績を可視化するツールとして注目されています。
 
また、2008年の中央教育審議会答申「学士課程の構築に向けて」においても「教員による教育業績記録ファイル等の活用による多面的な評価の導入・工夫が必要である」と述べられており、その必要性が取り上げられています。
 
このTPは、原理的には一人でも作成することができるのですが、TPのパイオニアであるピーター・セルディンは、メンターとともに作成することを薦めています。
 
教育企画室では、経験豊富なメンターを揃え、TPの作成ワークショップを、学内では年2回程度、定期的に開催しています。
また、メンターの派遣依頼やTPワークショップについてのご相談も随時受け付けています。
 
ワークショップのスケジュール例