• TOP
  • > カリキュラム開発支援

カリキュラム開発支援

教育企画室では、各学部のカリキュラム開発支援を行っています。

教育コーディネーター研修会

教育コーディネーターとは、学部、学科などの教育責任者として、教育方針の立案、カリキュラム編成、教育内容の教授法の改善、教育効果の検証などの活動において中核的な役割を担う教育重点型教員です。
 
現在、大学全体で約60名が学長から任命されています。各学部の統括教育コーディネーターは、全学的な教育課題を審議するための「教育・学生支援機構」の管理機関である教育学生支援会議の構成員となるなど、大学全体が有機的につながりながら教育改革を推進する組織体制がとられています。
 
教育企画室は、教育コーディネーター間の意思疎通を図り、改革の方向性について共通認識を持つための、教育コーディネーター研修会を実施しています。各教育コーディネーターは、この研修会で得た知識や技術なども踏まえつつ、各学部・学科での活動を行っています。毎年、研修会テーマには全学的かつ重要な教育課題となるものを採りあげています。


愛媛大学GP支援

教育改革促進事業(愛媛大学GP)とは、各学部・研究科における教育コーディネーターを中心とした教育改革・教育改善のための優れた取組や実践について、学長裁量経費により2年間の経費支援を行うものです。教育企画室スタッフは本事業の委員として立ち上げ時から継続して関与しています。


各種コンサルテーション

各種コンサルテーション 各学部等がカリキュラム改革に取り組む場合、プロジェクトチームメンバーに入るなどして、取り組みの支援を行っています。 これまでに、法文学部人文学科(新入生セミナー、カリキュラム全般に対する学生からのヒアリング)、工学部情報工学科(新入生セミナー)、同学部環境建設工学科(新入生セミナー)、理学部(新入生セミナー、カリキュラム全般に対する学生からのヒアリング)、環境ESDプログラム(カリキュラム・デザイン)、共通教育スポーツ科目(カリキュラム・デザイン)等の改革の支援を行ってきました。