用語集

 
授業の目的と到達目標(シラバスの書き方)

「授業の目的」の書き方
●当該授業の存在意義を書きます。
●学生を主語として書きます。
●「この授業がなぜ必要か」=「学習内容がどのように使用されるのか」を記述します。
「~するために」を入れるとよいでしょう。
●複雑な概念を持つ動詞,総括的な概念を持つ動詞を用いて表します。

____________◆授業の目的に使用する動詞___________________
知る      認識する  理解する   感ずる   判断する
価値を認める  評価する  位置づける  考察する  使用する
実施する    適用する  示す     創造する  身につける
___________________________________________________


「到達目標」の書き方

●この授業の終了段階で,できるようになってほしい行動を「○○できる」という形式で書きます。
●「理解する」のような概念的言葉でなく,観察可能な行動で表現します。動詞は,知識・態度・技能の三領域に分けて記述するとわかりやすくなります。
___________◆授業の到達目標に使う動詞(知識の領域)__________
列記する  列挙する   述べる    具体的に述べる  説明する
分類する  比較する   例を挙げる  類別する     関係づける
解釈する  予測する   選択する   同定する     弁別する
推論する  公式化する    一般化する  使用する     応用する
適用する  演繹する   結論する   批判する     評価する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(態度・習慣の領域)_______
行う    尋ねる   助ける     コミュニケーションする
寄与する  協調する  示す      見せる
表現する  始める   相互に作用する 系統立てる
参加する  反応する  応える     配慮する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(技能の領域)___________
感ずる   始める  模倣する  熟練する  工夫する
実施する  行う   創造する  操作する  動かす
手術する  触れる  触診する  調べる   準備する
測定する
___________________________________________________

 

出典:佐藤浩章編(玉川大学出版部)
『大学教員のための授業方法とデザイン』p.6~8
玉川大学出版部サイト

 
 
シラバス

授業前に学生に配布され、授業で扱う内容、授業の進め方、評価の仕方など授業の全体像を示す文書のこと。
1.学生の授業選択ガイド
2.教員・学生間での契約書
3.コース全体の中での授業の位置づけを知るための学習マップ
4.授業全体をデザインする文書
5.カリキュラムに一貫性を持たせるための文書
といった役割を持つ。

 
 
初年次教育

大学へ入学してきたばかりの学生に対して、これからの大学生活の準備をするために行う教育。スタディ・スキル、ソーシャル・スキル、キャリア教育など、内容は大学によって異なる。

 
 
スタディ・スキル

より効果的、且つ効率的に勉強する技術。レポート・論文の書き方、ディスカッションの仕方、プレゼンテーションの技術、速読、ノートのとり方、図書館やコンピュータの利用方法などがある。

 
 
ソーシャル・スキル

人間関係を円滑に構築するためのコミュニケーション・スキル。スタディ・スキルと並んで、大学生活を健康的に送るために必要なスキルとされる。

 
 
セメスター制度

1年を半分に分割して学期を設定する制度。前学期、後学期に分かれる。

 
 
チュートリアル教育

少人数で構成された学生のグループにある課題が与えられ、学生がその課題を検討し解決していく教育方法。教員はチューターと呼ばれ、知識を提供する役割ではなく、議論を進行させる役割に徹することが求められる。

 
 
入学者受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

「入学者受入れ方針」は,各大学・学部等が,その教育理念や特色等を踏まえ,どのような教育活動を行い,また,どのような能力や適性等を有する学生を求めているのかなどの考え方をまとめたものであり,入学者の選抜方法や入試問題の出題内容等にはこの方針が反映されている。また,この方針は受験者が自らにふさわしい大学を主体的に選択する際の参考ともなる。
アメリカにおいては,高等学校の成績(GPA)の点数,高等学校で履修しておくべき科目・内容,SAT等の標準的な試験の点数などを具体的に示すことが一般的である。

出典:文部科学省 学士課程教育の構築に向けて(答申) 用語解説

 
 
ピア・サポート

ピア(仲間)同士の支援の仕組み。大学においては、相談や生活面での学生同士の支え合いを意味する。具体的には、先輩学生が後輩学生の相談に乗る。履修指導を行うなどがこれに当たる。ピア・エデュケーションは、学生同士の教え合い、学び合いを意味する。

 
 
ピア・レビュー

教員同士が互いの授業を公開しあい、授業内容や、方法について検討しあうこと。授業を行う者という立場を共有しているため、授業に関する建設的な検討が出来ること、授業方法に関する知識や技能を共有できるなど、多くのメリットがある。