• TOP
  • > 用語集
  • > さ~わ
  • > 授業の目的と到達目標(シラバスの書き方)

用語集

 
授業の目的と到達目標(シラバスの書き方)

「授業の目的」の書き方
●当該授業の存在意義を書きます。
●学生を主語として書きます。
●「この授業がなぜ必要か」=「学習内容がどのように使用されるのか」を記述します。
「~するために」を入れるとよいでしょう。
●複雑な概念を持つ動詞,総括的な概念を持つ動詞を用いて表します。

____________◆授業の目的に使用する動詞___________________
知る      認識する  理解する   感ずる   判断する
価値を認める  評価する  位置づける  考察する  使用する
実施する    適用する  示す     創造する  身につける
___________________________________________________


「到達目標」の書き方

●この授業の終了段階で,できるようになってほしい行動を「○○できる」という形式で書きます。
●「理解する」のような概念的言葉でなく,観察可能な行動で表現します。動詞は,知識・態度・技能の三領域に分けて記述するとわかりやすくなります。
___________◆授業の到達目標に使う動詞(知識の領域)__________
列記する  列挙する   述べる    具体的に述べる  説明する
分類する  比較する   例を挙げる  類別する     関係づける
解釈する  予測する   選択する   同定する     弁別する
推論する  公式化する    一般化する  使用する     応用する
適用する  演繹する   結論する   批判する     評価する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(態度・習慣の領域)_______
行う    尋ねる   助ける     コミュニケーションする
寄与する  協調する  示す      見せる
表現する  始める   相互に作用する 系統立てる
参加する  反応する  応える     配慮する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(技能の領域)___________
感ずる   始める  模倣する  熟練する  工夫する
実施する  行う   創造する  操作する  動かす
手術する  触れる  触診する  調べる   準備する
測定する
___________________________________________________

 

出典:佐藤浩章編(玉川大学出版部)
『大学教員のための授業方法とデザイン』p.6~8
玉川大学出版部サイト