• TOP
  • > 用語集

用語集

 
授業の目的と到達目標(シラバスの書き方)

「授業の目的」の書き方
●当該授業の存在意義を書きます。
●学生を主語として書きます。
●「この授業がなぜ必要か」=「学習内容がどのように使用されるのか」を記述します。
「~するために」を入れるとよいでしょう。
●複雑な概念を持つ動詞,総括的な概念を持つ動詞を用いて表します。

____________◆授業の目的に使用する動詞___________________
知る      認識する  理解する   感ずる   判断する
価値を認める  評価する  位置づける  考察する  使用する
実施する    適用する  示す     創造する  身につける
___________________________________________________


「到達目標」の書き方

●この授業の終了段階で,できるようになってほしい行動を「○○できる」という形式で書きます。
●「理解する」のような概念的言葉でなく,観察可能な行動で表現します。動詞は,知識・態度・技能の三領域に分けて記述するとわかりやすくなります。
___________◆授業の到達目標に使う動詞(知識の領域)__________
列記する  列挙する   述べる    具体的に述べる  説明する
分類する  比較する   例を挙げる  類別する     関係づける
解釈する  予測する   選択する   同定する     弁別する
推論する  公式化する    一般化する  使用する     応用する
適用する  演繹する   結論する   批判する     評価する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(態度・習慣の領域)_______
行う    尋ねる   助ける     コミュニケーションする
寄与する  協調する  示す      見せる
表現する  始める   相互に作用する 系統立てる
参加する  反応する  応える     配慮する
__________________________________________________

 

_______◆授業の到達目標に使う動詞(技能の領域)___________
感ずる   始める  模倣する  熟練する  工夫する
実施する  行う   創造する  操作する  動かす
手術する  触れる  触診する  調べる   準備する
測定する
___________________________________________________

 

出典:佐藤浩章編(玉川大学出版部)
『大学教員のための授業方法とデザイン』p.6~8
玉川大学出版部サイト

 
 
CAI(シー・エイ・アイ)[Computer-Aided Instruction]

コンピュータを用いた教授・学習方法あるいは環境(システム)。個人用携帯情報端末やパソコン、サーバー用ワークステーション等を含めた幅広いコンピュータの活用方法が考えられている。

 
 
CAP制(キャップ制)

履修登録科目数上限制度。単位取得に必要な学習時間の確保のため、各学生が一学期に履修を登録できる総単位数に上限を設定すること。一般的には、優秀な学生に対しては、より多くの科目の履修が認められる。

 
 
CBT①(シー・ビー・ティー[Computer-Based Training])

コンピュータを用いた学習活動の支援方法あるいは環境(システム)。

 
 
CBT②(シー・ビー・ティー[Computer-Based Test])

コンピュータを用いたテスト。医学教育においては、臨床実習開始前に学生の知識・技能・態度を評価する全国教養試験が行われているが、知識・思考力(問題解決能力)を問う多肢選択式試験をコンピュータを使用して行っている。

 
 
eラーニング(イー・ラーニング)

学習効果を高めたり、学習者や教授者の利便性を向上させるために情報や通信技術を活用した学習システムの総称。

 
 
FD(エフディー[Faculty Development])

大学教員の教育能力向上のための個人的・組織的取組。他国ではStaff Development、Professional Developmentと呼ばれることもある。

 
 
GPA(ジーピーエイ[Grade Point Average])

個々の学生の学力を数値化するもので、学業成績点と呼ばれる。成績を数値で表す最も共通な方法は、秀=4、優=3、良=2、可=1、不可=0とする。奨学金や授業料免除の資格審査に用いられることもある。

 
 
JABEE(ジャビー[Japan Accreditation Board for Engineering Education])

大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが社会の要求水準を満たしているかどうかを、日本技術者教育認定機構が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定制度。

 
 
OSCE(オスキー[Objective Structured Clinical Examination])

医学教育において行われる技能・態度を客観的に評価する臨床能力試験。