イベント・セミナー

 

第4回教える仕事に就きたい大学院生のためのワークショップ

■日時
平成24年9月22日(土)~23日(日)
■場所
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■参加者
14名(学内13名,徳島大学1名)
■概要
 ●ワークショップの目的
 授業など教える仕事をするにあたって必要となる基礎的な知識と技術を学びます。具体的には,教え方のデザインに関わる一連の過程をグループ作業として体験し,参加者相互の話し合いを経てインストラクション・スキル,コミュニケーション・スキルを身につけます。
また、後輩指導のコツについて学び、作成した授業プランの発表を通して、プレゼンテーションスキルを身に付けます。
 ●ワークショップの目標
1. 教え方の基本について説明ができるようになる。
2. 大人の学習の動機づけについて説明できるようになる。
3. 自分の考えや知識を適切に伝えることができるようになる。
4. メンタリングについて説明できるようになる。
 ●内容
〈1日目〉
1.オリエンテーション
 ・研修の目的・目標の確認
 ・スタッフ紹介とお願い
2.アイスブレーキング
 ・自己紹介 ・グループワーク
3.グループワークⅠ
「学習意欲を促進する要因とは?」
4. 講義Ⅰ「セミナーの作り方」
・教え方の基本
5. グループワークⅡ
 ・目標設定 ・授業プランの作り方
6.講義Ⅱ「成人学習論」
・動機づけ
7.講義Ⅲ「メンタリングの基本」
・メンタリングについて ・よいメンターとは
8.グループワークⅢ
 ・授業プラン作成 ・授業プランの評価作成
10.グループワークⅣ
 ・授業プラン作成  中間提出
〈2日目〉
12.講義Ⅳ「効果的なプレゼンテーションの方法」
 ・論理的に話すコツ ・魅せるプレゼンの方法
13.グループワークⅤ
・授業プラン作成
13.グループワークⅥ
 ・発表練習
14.グループ発表
 ・授業プラン発表 8分 ・討議・検討 20分
15.閉会式
 ・グループ作業の振り返り(学んだことは何か?どう実践に活かすか?)
 ・閉会の言葉 ・記念撮影
 

IMG_0110.JPG IMG_0123.JPG IMG_0304.JPG


 

第3回教える仕事に就きたい大学院生のためのワークショップ

■日時
平成23917日(土)~18日(日)
■場所
城北キャンパス愛大ミューズ1Fアクティブ・ラーニングスペース2
■参加者
8名(学内6名,徳島大学2名)
■概要
 ●ワークショップの目的
 授業など教える仕事をするにあたって必要となる基礎的な知識と技術を学びます。具体的には,教え方のデザインに関わる一連の過程をグループ作業として体験し,参加者相互の話し合いを経てインストラクション・スキル,コミュニケーション・スキルを身につけます。
また、後輩指導のコツについて学び、作成した授業プランの発表を通して、プレゼンテーションスキルを身に付けます。
 ●ワークショップの目標
 1. 教え方の基本について説明ができるようになる。
 2. 大人の学習の動機づけについて説明できるようになる。
 3. 自分の考えや知識を適切に伝えることができるようになる。
 4. メンタリングについて説明できるようになる。
 ●ワークショップの内容
 1日目
 1.オリエンテーション ・研修の目的・目標の確認
  ・スタッフの紹介とお願い
 2.アイスブレーキング ・自己紹介
  ・グループワーク
 3.グループワーク1 「学びを促す授業と学びを妨げる授業」
 4.講義1 「セミナーの作り方」
  ・教え方の基本
 5.グループワーク2 「授業開発1」
  ・目標設定・授業プラン作成
 6.講義2 「成人学習論」
  ・ 動機づけ
 7.講義3 「メンタリングの基本」
  ・メンタリングの基礎知識・メンタリングのコツ
 8.グループワーク3 「授業開発2」

 2日目
 9.講義3 「 効果的なプレゼンテーション方法」
  ・論理的に話すコツ・魅せるプレゼンの方法
 10.グループワーク4 「授業開発3」
  ・授業プラン作成
 11.グループ発表 「授業プランのプレゼン」
  ・授業プラン紹介・他グループからのコメント・討議,検討 
12.閉会式・振り返り
※二日間通しの参加。

IMG_3203-2.jpg

IMG_3188.JPG

 

 


 

第2回教える仕事に就きたい大学院生のためのワークショップ

■日時
平成22年12月11日(土)~12日(日)
■場所
国立大洲青少年交流の家
■参加者
8名(学内6名,学外2_高知大学)
■概要

第2回TAワークショップ

ワークショップの目標
1.適切な目的・目標設定ができるようになる。
2.教えるための計画書を書けるようになる。
3.様々な教育方法を知り,目的・目標にあった方法を選択できるようになる。
4.様々な評価方法を知り,目的・目標にあった方法を選択できるようになる。
ワークショップの内容
1.オリエンテーション ・研修の目的・目標の確認
・スタッフの紹介とお願い
2.アイスブレーキング
 ・自己紹介  ・グループワーク
3.グループワークⅠ 「良い教え方と悪い教え方」
4.グループ発表Ⅰ 「良い教え方と悪い教え方」
5.講義Ⅰ 「目標設定と授業プランの作成」
・目標設定と授業プランの立て方 ・授業プランの書き方
6.グループワークⅡ 「授業開発Ⅰ」
・目標設定・授業プランの作り方
7.講義Ⅱ 「様々な教育方法」
・ 講義形式のメリット ・デメリット ・双方向型授業のコツ
・体験型授業のコツ  ・参加型授業のコツ
8.講義Ⅲ 「 効果的なプレゼンテーション方法」
・論理的に話すコツ
・魅せるプレゼンの方法
9.講義Ⅳ 「よりよい評価の仕方」
・評価の目的 ・評価の方法と評価対象
・効果的なほめ方と叱り方
10.グループワークⅢ 「授業開発Ⅱ」
・授業プラン作成 ・授業プランの評価作成
11.グループ発表Ⅱ 「中間発表」
12.グループワークⅣ 「授業開発Ⅲ」
・指導案づくり
13.グループワークⅤ 「授業開発Ⅲ」
・役割決定 ・マイクロティーチング
14.グループ発表Ⅲ 「ミニ授業(20分)」
・授業プラン紹介 ・ミニ授業 ・他グループからのコメント 
・フロアも交えた討議・検討
15.振り返り

 

 


 

第1回教える仕事に就きたい大学院生のためのワークショップ

■日時
2009年11月7日(土)~8日(日)
■場所
国立大洲青少年交流の家
■参加者
本学大学院生3名 学外大学院生7名
■概要

p_evt_taworkshop_h21.jpg

ワークショップの目的
授業など教える仕事をするにあたって必要となる基礎的な知識と技術を学びます。具体的には,授業の構想・設計・実施・評価に関わる一連の過程をグループ作業として体験し,参加者相互の話し合いを経てインストラクション・スキル,コミュニケーション・スキルを身につけます。
ワークショップの目標
1. 適切な目的・目標設定ができるようになる。
2. 教えるための計画書を書けるようになる。
3. 様々な教育方法を知り、目的・目標にあった方法を選択できるようになる。
4. 様々な評価方法を知り、目的・目標にあった方法を選択できるようになる。

第Ⅰ部 1日目(朝・昼・夕)プログラム
(1) オリエンテーション
・研修の目的・目標の確認
・スタッフ紹介とお願い
(2) アイスブレーキング
・自己紹介
・グループワーク
(3) グループワークⅠ
「良い教え方と悪い教え方」
(4) 講義Ⅰ「目標設定と授業プランの作成」
   ・目標設定と授業プランの立て方
   ・授業プランの書き方
(5) グループワークⅡ「授業開発Ⅰ」
・目標設定
・授業プランの作り方
集合写真撮影・昼食・休憩
(6) 講義Ⅱ「様々な授業方法」
・講義形式のメリット・デメリット
・双方向型授業のコツ
・体験型授業
・参加型授業
休 憩
(7) 講義Ⅲ「よりよい評価の仕方」
・評価の目的
・評価の方法と評価対象
・効果的なほめ方と叱り方
(8) グループワークⅢ「授業開発Ⅱ」
・授業プラン作成
・授業プランの評価作成
休 憩
(9) グループ発表Ⅰ「中間発表」
(10)グループワークⅣ「授業開発Ⅲ」
  ・授業プラン作成
第Ⅱ部 1日目(夜)
夕食・散策・お風呂
(11)講義Ⅳ「効果的なプレゼンテーションの方法」
・論理的に話すコツ
・魅せるプレゼンの方法
(12)グループワークⅤ「授業開発Ⅳ」
  ・授業プラン作成
交流会
自由時間・お風呂
第Ⅲ部 2日目(朝・昼)
朝食・散策
(12)グループワークⅥ「授業開発Ⅴ」
・役割決定
・授業の練習
(13)グループ発表Ⅱ「ミニ授業(導入の10分)」
・授業紹介           3分
・ミニ授業          10分
・他グループからのコメント   3分
・討議・検討         12分
(14)閉会式
・グループ作業の振り返り(学んだことは何か?どう実践に活かすか?)
・修了証書授与
・閉会の言葉
昼 食
13:45 現地出発


 

第1回TA教育ワークショップ

■日時

2007年11月3日,4日 

■場所

大洲青少年交流の家 

■参加者

本学大学院生8名 

■概要

p_evt_taworkshop_h19.jpg

ワークショップの目的 

 TA業務を遂行する上で必要となるコミュニケーションやインストラクションのスキルを学びます。参加者が教育実践場面で出会う様々な課題をグループ作業を通して解決し参加者相互の話し合いを経て、実践的力量を身につけてもらうことを目的としました。

 

 

ワークショップの目標 

1.コミュニケーション能力を磨き、聴く力・話す力を身につけます。 

2.ほめ方・叱り方を理解し、学生に対する効果的な働きかけの方法を身につけます。 

3.プレゼン能力を磨き、自分の考えを的確に伝える方法を身につけます。 

 

第Ⅰ部 1日目(11月3日)朝・昼・夕プログラム

アイスブレーキング(佐藤浩章)

・自己紹介

・グループワークⅠ「コミュニケーション(第一印象)」

講義Ⅰ「第一印象の影響・効果」(佐藤浩章)

講義Ⅱ・グループワークⅡ「話す・聞く・伝える」(佐藤浩章)

講義Ⅲ・グループワークⅢ「分かりやすく伝える力」(前半)(佐藤浩章)

第Ⅱ部 1日目(11月3日)夜プログラム

講義Ⅲ・グループワークⅢ「分かりやすく伝える力」(後半)(佐藤浩章)

リフレクション(佐藤浩章)

交 流 会

第Ⅲ部 2日目(11月4日)

講義Ⅵ「ほめるコツ・叱るコツ」(城間祥子)

グループ作業の振り返り(学んだことは何か?どう実践に活かすか?)(佐藤浩章)