イベント・セミナー

 

学生による学生支援シンポジウム3

■日時

2006年12月1日 

■場所

愛媛大学城北キャンパス・グリーンホール 

■講師

白澤 麻弓氏(筑波技術大学障害者高等教育センター助教授) 

■テーマ

ピア・エデュケーションとしての障害学生支援 

■コーディネーター

河野 純大氏(筑波技術大学産業技術学部助教授) 

■概要

p_evt_sympo_std03.jpg

基調講演

ピア・エデュケーションとしての障害学生支援-聴覚学生支援を中心に 

事例紹介 

同志社大学学生支援センター

・・・土橋恵美子教員(同志社大学障がい学生支援コーディネーター),同志社大学学生 

愛媛大学障害学生支援ボランティアコーディネーター

・・愛媛大学学生 

パネルディスカッション 

ピア・エデュケーションとしての障害学生支援の課題と方向を探る 

 

 このシンポジウムでは,聴覚障害学生支援に関わっている専門家から支援の進め方を学ぶと共に,先進的に障害学生支援に取り組んでいる大学の事例などから,課題と展望を考え,ユニバーサルデザインを企図した学生支援のヒントを探ろうと企画しました。

 当日は,障害支援に取り組んでいる学生や教職員,一般の方々など約100人が参加しました。

 白澤麻弓筑波技術大学障害者高等教育センター助教授が「ピア・エデュケーションとしての障害学習支援-聴覚障害学生支援を中心に-」と題して基調講演を行いました。

 続いて,同志社大学障がい学生支援コーディネーターと愛媛大学HSSV(障がい学生支援ボランティア)から事例紹介がありました。

 最後に,河野純大筑波技術大学産業技術学部助教授をコーディネーターに,パネルディスカッション「ピア・エデュケーションとしての障害学習支援の課題と方向を探る」を行いました。

 


 

学生による学生支援シンポジウム2

■日時

2005年12月2日 

■場所

愛媛大学城北キャンパス・グリーンホール(旧共通教育大講義室) 

■講師

興梠 寛氏 (社会福祉法人世田谷ボランティア協会理事長) 

■コーディネーター 

赤澤 清孝氏(きょうと学生ボランティアセンター代表) 

■概要

p_evt_sympo_std02.jpg

基調講演

学生によるボランティアコーディネーション

事例紹介 

立命館大学ボランテイアセンター・・・立命館大学学生 

愛媛大学ボランティアおーがにぜーしょん・・愛媛大学学生 

パネルディスカッション 

 学生によるボランティアコーディネーションの課題と展望。

 このシンポジウムは,学生同士のボランティア紹介や専門家の話から,ボランティア・コーディネーションの在り方等を探ることを目的に開催しました。当日は,岩手大学,佐賀大学など全国の15大学から100人近くの教職員の参加があり,ボランティア活動やサービスラーニングへの関心の高さが窺えました。

 シンポジウムでは,社会福祉法人・世田谷ボランティア協会興梠寛理事長による「学生ボランティアコーディネーション」と題した基調講演で「各自が持つ得意的なものを生かす努力をし,社会にお返しする方法を習得してください」とのお話がありました。 

 続いて,立命館大学ボランティアセンター,愛媛大学ボランティアおーがにぜーしょんの活動事例報告があり,今後の学生ボランテイア活動における方向性が確認されました。


 

学生による学生支援シンポジウム1

■日時

2004年12月3日

■テーマ

学生によるボランティアコーディネーション 

■場所

愛媛大学城北キャンパス・グリーンホール(旧共通教育大講義室) 

■講師

渡辺 かよ子教授 (愛知淑徳大学) 

■概要

p_evt_sympo_std01.jpg

基調講演

大学におけるピアエデュケーションの可能性

-メンタリングの視点から

事例紹介 

1.広島大学 ピアサポート・ルーム 

内野悌司助教授及び学生

2.高知大学 S・O・S

小島郷子助教授及び学生

3.愛媛大学 スチューデント・キャンパス・ボランティア

佐藤浩章講師および学生

パネルディスカッション

 学生による学生支援をどう進めていくか

 「特色ある大学教育支援プログラム」に採択された本学の「『お接待』の心に学ぶキャンパス・ボランティア」の取組を紹介するとともに、同様の取組を実施している他大学の事例もご紹介いただき、これを機会として学生及び教職員のネットワークの構築を目指します。