イベント・セミナー

 

平成28年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成28年3月15日(水) 13:30~15:50
■場所
愛媛大学城北キャンパス 総合情報メディアセンター
・ポスターセッション:1階ロビー
・事例発表:1階メディアホール
■参加者
75名[学内61名・学外14名_松山東雲女子大学/短期大学(6),高知大学(1),高知県立大学(5),その他(2)]

■目標
ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
■内容
愛媛大学では,平成18年度から,学内での優れた教育取組に支援を行う「教育改革促進事業」(愛大GP)を行っており,採択取組の進捗状況と成果について情報発信することを目的に,毎年「教育改革シンポジウム」を開催しています。主に,採択取組のポスターセッションと講演を中心に行っており,特にポスターセッションでは,その場での質疑応答を通じて,取組担当者の生の声をきくことができます。
1.愛媛大学の教育改革について
2.学内の教育改革の事例報告
①農学部②理学部③質疑応答
3.愛媛大学教育改革促進事業採択取組の実施総括
(ポスターセッション)
ポスターによる発表,参加者との質疑応答を通じ,発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深める。また,学生や一般参加者に対しても,愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる。
・27年度採択グループ:2年間の実績報告
・28年度採択グループ:1年間の中間報告


 

平成27年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成28年3月4日(金) 13:30~15:50
■場所
愛媛大学城北キャンパス 法文学部2号館
・ポスターセッション:2階第一会議室
・事例発表:3階305講義室
■参加者
94名[学内90名・学外4名_松山東雲女子大学(1),松山東雲短期大学(1),その他(2) ] 
■概要
▶目標
ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
▶内容
愛媛大学では,平成18年度から,学内での優れた教育取組に支援を行う「教育改革促進事業」(愛大GP)を行っており,採択取組の進捗状況と成果について情報発信することを目的に,毎年「教育改革シンポジウム」を開催しています。主に,採択取組のポスターセッションと講演を中心に行っており,特にポスターセッションでは,その場での質疑応答を通じて,取組担当者の生の声をきくことができます。
1.愛媛大学の教育改革について 
2.学内の教育改革の事例報告 
  ①社会共創学部 ②法文学部 ③教育学部 ④農学部 ⑤質疑応答
3.愛媛大学教育改革促進事業採択取組の実施総括
  (ポスターセッション)
ポスターによる発表、参加者との質疑応答を通じ、発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深める。また、学生や一般参加者に対しても、愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる。
・26年度採択グループ(17件):2年間の実績報告
・27年度採択グループ(6件):1年間の中間報告


 

平成26年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成27年3月9日(月) 13:30~15:50
■場所
愛媛大学城北キャンパス総合情報メディアセンター
・ポスターセッション:1階ロビー
・事例発表:1階メディアホール
■参加者
93名[学内84名・学外9名_鳥取大学(1),新居浜工業高等専門学校(1),松山東雲女子大学(2),松山東雲短期大学(4),民間(1)]
■概要
▶目標
ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
▶内容
愛媛大学では,平成18年度から,学内での優れた教育取組に支援を行う「教育改革促進事業」(愛媛大学GP)を行っており,採択取組の進捗状況と成果について情報発信することを目的に,毎年「教育改革シンポジウム」を開催しています。主に,採択取組のポスターセッションと講演を中心に行っており,特にポスターセッションでは,その場での質疑応答を通じて,取組担当者の生の声をきくことができます。
1.愛媛大学の教育改革について
2.学内の教育改革の事例報告
①「学部を越えた教員チームによる汎用的能力育成のための
サービスラーニング・プログラムの拡充と全学的展開」
※平成26年度愛媛大学教育改革促進事業採択取組
②質疑応答
3.基調報告
①「附属高校をモデルとした高大接続改善の試み
―大学教育の到達点を高度化するために―」
※平成26年度文部科学省「大学教育再生加速プログラム」
(テーマⅢ:高大接続)採択取組
②質疑応答
4.愛媛大学教育改革促進事業採択取組の実施総括(ポスターセッション)
ポスターによる発表、参加者との質疑応答を通じ、発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深める。また、学生や一般参加者に対しても、愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる。
・25年度採択グループ(9件)においては、2年間の実績報告
・26年度採択グループ(17件)においては、1年間の中間報告


 

平成25年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成26年3月5日(水) 13:00~15:20
■場所
愛媛大学城北キャンパス総合情報メディアセンター
・ポスターセッション:1階ロビー
・事例発表:1階メディアホール
■参加者
87名[学内81名・学外6名]
■概要
▶目標
ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
▶内容
愛媛大学では,平成18年度から,学内での優れた教育取組に支援を行う「教育改革促進事業」(愛媛大学GP)を行っており,採択取組の進捗状況と成果について情報発信することを目的に,毎年「教育改革シンポジウム」を開催しています。
主に,採択取組のポスターセッションと講演を中心に行っており,特にポスターセッションでは,その場での質疑応答を通じて,取組担当者の生の声をきくことができます。
1.平成26年度愛大GP申請へ向けた説明
2.愛大GP採択取組事例発表(発表各20分)
①日本語リテラシー教育実践における授業システムの構築
(24年度採択)
②学部専門教育における文章作成の実践的演習と追跡評価
システムの構築(25年度採択)
③質疑応答(10分)
3.愛媛大学GP採択取組等の実施総括(ポスターセッション)
ポスターによる発表、参加者との質疑応答を通じ、発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深める。また、学生や一般参加者に対しても、愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる。
・24年度採択グループ(9件)においては、2年間の実績報告
・25年度採択グループ(9件)においては、1年間の中間報告


 

平成24年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成25315日(金)13:3016:00
■場所
総合情報メディアセンター
■参加者
114名(学内109名,学外5名_聖カタリナ大学,東雲女子大学,徳島文理大学)
■概要
 ●目標
 愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせるため,愛媛大学教育改革促進事業採択課題の進捗状況及び成果について,学内外に公表し,教育内容・方法の改善に関する理解を深める。
 ●内容
愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせるため,愛媛大学教育改革促進事業採択課題の進捗状況及び成果について,学内外に公表し,教育内容・方法の改善に関する理解を深める。

1.学長挨拶
2.平成25年度愛大GP申請へ向けた説明
3.愛大GP採択取組事例発表
 「医学科大学院制の確立:学部 -大学院一体化による医学研究者/医学者教育/指導的医師の育成 」(23年度採択)
 「確かな学力と課題発見・解決能力を高めるeラーニング活用」(24年度採択)
 ・質疑応答
4.愛媛大学GP採択取組等の実施総括(ポスターセッション)
・23年度採択グループ(7件)においては、2年間の実績報告
・24年度採択グループ(9件)においては、1年間の中間報告

DSC_0601.JPG DSC_0622.JPG DSC_0641.JPG


 

平成23年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時

平成2435日(月) 11001350
■場所
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2 他
■参加者
97名(学内89名,学外8_松山東雲女子大学,松山東雲短期大学,四国大学,聖カタリナ大学短期大学部,広島大学)
■概要
 ●目標
 ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
 ●内容
 愛媛大学における優れた教育改革の取組を取り上げ,教育経費の重点配分を行い,教育の高度化・活性化を図る事業。学士課程及び大学院課程における組織基盤的な教育改革プログラムや組織横断的な教員グループによる創生的な教育開発プロジェクトを学内から公募。事業期間は2年間で,毎年12件程度の取組を採択。採択された取組の中には,さらに内容を発展させ,文部科学省のGPに応募,採択された例もある。

(事例発表)
・「英語教育プログラムの向上と単位の実質化」
・「高大連携による日本語ラーニング」ジェネリックプランの構築」
・「日本語コミュニケーションスキル養成のための指導教材開発」

(ポスターセッション)
・平成22年度採択グループ(11件)は2年間の実績報告
・平成23年度採択グループ(7件)は1年間の中間報告

education-reform-sympo_h23.jpg

 


 

平成22年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時
平成2332日(水) 13001620
■場所
愛媛大学南加記念ホール,校友会館
■参加者
114名(学内110名,学外4_徳島大学・山形大学・東雲短期大学・川崎医科大学)
■概要
 ●目標
 ポスターセッションでの質疑応答や講演の傍聴を通じ,現在,愛媛大学で進めている教育内容・方法の改善に関する取組について理解を深める。
●内容
 愛媛大学における優れた教育改革の取組を取り上げ,教育経費の重点配分を行い,教育の高度化・活性化を図る事業。学士課程及び大学院課程における組織基盤的な教育改革プログラムや組織横断的な教員グループによる創生的な教育開発プロジェクトを学内から公募。事業期間は2年間で,毎年12件程度の取組を採択。採択された取組の中には,さらに内容を発展させ,文部科学省のGPに応募,採択された例もある。

1.平成23年度愛大GP・国際連携GP申請へ向けた説明
 申請内容の質の向上及び申請件数の増加を図る。
2.愛大GP採択取組事例発表(発表各20分) 
 ①大学連携による理学部宇宙物理学コース教育の充実(22年度採択)
 ②附属五校園の特別支援教育を重視した教育活動の推進(22年度採択)
 ③質疑応答(10分)
3.国際連携GP採択取組事例発表(発表各20分) 
 ①インドネシア共和国のバンドン工科大学,ハサヌディン大学およびゴロンタロ大学との地球科学分野におけるサンドイッチ・プログラムの開発(22年度採択)
 ②国際性を備えた教育人材を育成する海外インターンシッププログラムの開発(22年度採択)
 ③質疑応答(10分)
4.愛媛大学GP、国際連携GP採択取組等の実施総括(ポスターセッション)
 ポスターによる発表,参加者との質疑応答を通じ,発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深める。また,学生や一般参加者に対しても,愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる。
education-reform-sympo_h22.jpg

 

 


 

平成21年度愛媛大学教育改革シンポジウム

■日時

平成22年3月15日(月)
■場所
工学部講義棟 4階 41教室、43教室
■参加者
78名(学内65名,学外13名)
■内容
○開会挨拶 柳澤康信(愛媛大学長)
1.平成22年度GP申請へ向けた説明会【13:40~15:10】
申請内容の質の向上及び申請件数の増加を図る。
(1)愛大GP:平成22年度の変更点について(15分)
(2)質疑応答(5分)
(3)愛大GP採択取組事例発表(発表各10分)
  ①新設された種目の取組の進捗状況(6取組)
  ・「長期的展望に基づく人文学科副専攻型プログラムの実践と拡充」(法文・人文)
  ・「教育実践力向上を目指したティーチング・ポートフォリオ作成の試行」(教育)
  ・「双方向型課題の強化による知識運用力の向上」(理)
  ・「チーム医療学習カリキュラムの創設~医学部両学科の学生によるディスカッションを軸とした授業の開発~」(医)
  ・「学生と教員の協力に基づく個別履修指導のシステム化」(工)
  ・「ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・チェックリストによる専門教育カリキュラムの改善」(農)
  ②質疑応答(10分)
2.文部科学省GP申請へ向けた説明(10分)【15:10~15:20】
3.愛媛大学GP採択取組等の実施総括(ポスターセッション)【15:20~16:20】
ポスターによる発表、参加者との質疑応答を通じ、
・20年度採択グループ(12件)においては、2年間の実績報告
・21年度採択グループにおいては、1年間の中間報告を行うことにより、発表者・参加者双方が教育内容・方法の改善に関する理解を深めた。また,学生や一般参加者に対しても,愛媛大学の教育改革の現状を広く知らせる効果があった。

education-reform-sympo_h21a.jpgeducation-reform-sympo_h21b.jpgeducation-reform-sympo_h21c.jpg