イベント・セミナー

 

平成28年度学生の授業時間外学習を促すシラバス作成法

■日時
平成28年12月15日 10:00~12:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
仲道雅輝(愛媛大学)
■参加者
・愛大会場 6名[学内3名・学外3名_松山東雲女子大学(2),松山東雲短期大学(1)]
・eラーニング受講12月16日(金)~1月31日(火) 41名[学内12名,学外29名]

■目標
1.シラバスの役割を説明できる。
2.授業の「目的」と「目標」との違いを説明できる。
3.適切な「目的」と「目標」を書くことができる。
4.学習者が自学自習に励むようなシラバスを書くことができるようになる。
■内容
1. 授業デザインの考え方
2. シラバスとは何か?
・定義
3.授業題目・キーワードの書き方
・わかりやすく書く
4.目的の書き方
・授業の目的の書き方
5.目標の書き方
・到達目標の書き方
6.授業内容・スケジュールの書き方
・無理のない進み具合
7.授業時間外での学習を促す戦略
・外発的・内発的動機づけによる学習課題に取り組ませるコツ
・eラーニングを活用した課題への取り組ませ方
8.受講条件の書き方
・ニーズと授業内容のミスマッチ防止
9.受講ルールの書き方
・受講のマナー
10.教材に関わる情報の書き方11.評価情報の書き方


 

講義に小グループ・ペア学習を取り入れた授業デザイン

■日時
平成28年9月14日(水)
■場所
愛媛大学城北キャンパス共通講義棟B3階303講義室
■講師
俣野秀典 氏(高知大学)
■参加者
12名[学内8名,学外4名]

■目 標
(1)グループでの活動よる学習の効果説明できる。
(2)協同的な学習活動生産的なものするめの条件(要素)ついて二つ以上説明できる。
(3)学生参加させるめの技法目的応じて選択できる。


 

平成28年度FD担当者研修

■日時
平成28年8月23日(火)
■場所
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
中井俊樹,清水栄子,小林忠資(愛媛大学)
■参加者
11名[学内5名・学外6名_香川大学(2),香川県立保健医療大学(1),香川短期大学(1),高知大学(1),愛媛県立医療技術大学(1)]

■目標
この研修は各大学でFDの企画や実施の担当者を対象とした研修です。
以下の6つの目標の達成を目指します。
1.FDとは何かを説明することができる。
2.FDプログラムの立案手順を説明することができる。
3.研修技法について説明することができる。
4.FDプログラムの評価手法について説明することができる。
5.FDプログラムを作成することができる。
6.FD担当者間の仲間づくり,FDネットワークづくりをする。
■内容
1.オリエンテーション
2.FD概論
3.FDプログラムの立案
4.FDプログラム作成と研修技法の選択・手順
5.研修当日の流れ
6.研修の評価


 

平成27年度学生の授業時間外学習を促すシラバス作成法

■日時
平成28年1月14日(水)15:00~17:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
仲道雅輝(愛媛大学総合情報メディアセンター兼教育企画室)
▶参加者
・愛大会場 8名[学内2名・学外6名_愛媛県立医療技術大学(3),松山東雲短期大学(2),新居浜工業高等専門学校(1)]
・eラーニング受講 8名
■内容
1.授業デザインの考え方
2.シラバスとは何か?
・定義
3.授業題目・キーワードの書き方
・わかりやすく書く
4.目的の書き方
・授業の目的の書き方
5.目標の書き方
・到達目標の書き方
6.授業内容・スケジュールの書き方
・無理のない進み具合
7.授業時間外での学習を促す戦略
・外発的・内発的動機づけによる学習課題に取り組ませるコツ
・eラーニングを活用した課題への取り組ませ方
8.受講条件の書き方
・ニーズと授業内容のミスマッチ防止
9.受講ルールの書き方
・受講のマナー
10.教材に関わる情報の書き方
11.評価情報の書き方


 

平成27年度アクティブ・ラーニング入門セミナー

■日時
平成27年12月24日(木)10:00~12:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
小林直人(愛媛大学教育企画室)
■参加者
・愛大会場 8名[学内7名・学外1名_松山短期大学(1)] 
・遠隔システム 9名[徳島大学(3),高知大学(1),高知県立大学(2),香川大学(3)]  
■内容
⑴アクティブラーニングとは
⑵深い学びに関するミニ講義&ワーク
⑶多様な教育手法に関する双方向レクチャー
⑷教育手法を体験する「ペア・リーディング」
⑸ワーク「90分の授業をデザインしてみよう」
 ・ワークの説明
 ・自身のシラバスを参考に1回の授業を抜き出す
 ・多様な教育手法,クラスデザイン例を参考に1回の授業  
  案を作成 
 ・ペアでシェア→全体でシェア
⑹ラップアップ~学びの振り返り~


 

映画で学ぶストーリーメソッド研修の有効性

■日時
平成27年6月17日(水)14:00 ~ 18:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ3階ミーティングルーム
■講師
菅 聡(ラーニングエッジ株式会社取締役)
■参加者
9名[学内8名・学外1名_松山大学(1)]
■内容
1.講演
  「映画で学ぶストーリーメソッド研修の有効性」
2.研修や授業での映画活⽤に関する意⾒交換

※【ストーリーメソッドとは?】
「ストーリーメソッド」は、映画で学ぶ社員研修プログラムです。映画上映権を管理する会社との提携により、実現できている研修です。単なる論理やデータだけではなく、映画の「物語」を通じて、仕事に使える「基本原則」を学び、ビジネスのパフォーマンスが長期に渡って向上し、社員が変わり、会社が良くなるきっかけを提供することを目的としています。


 

大学マネジメントセミナー第1回

■日時
平成27年5月22日(金)~5月23日(土)
■場所
徳島大学常三島キャンパス
■講師
山本眞一氏 (桜美林大学大学院)
船戸高樹氏 (前九州共立大学)
■参加者
①高等教育政策論
 33名[学内1名・学外32名_香川大学(1),高知大学(1),徳島大学(21),松山大学(1),奈良学園大学(1),関西学院大学(2),大阪医科大学(1),神戸女子大学(1),京都文教大学(1),立命館大学(1),兵庫大学(1)]
②大学のガバナンスとマネジメント
 31名[学内2名・学外29名_香川大学(2),高知大学(2),徳島大学(12),徳島文理大学(1),四国大学(1),松山大学(2),聖カタリナ大学(1),弓削商船高等専門学校(1),奈良学園大学(1),関西学院大学(2),大阪医科大学(1),神戸女子大学(1),京都文教大学(1),立命館大学(1),兵庫大学(1)]
■内容
テーマ 高等教育の現状を知る
1.開会・挨拶
2.講演Ⅰ
「高等教育政策論
~大学を取り巻く環境の変化と,これからの大学改革~」
3.講演Ⅱ
「大学のガバナンスとマネジメント
~大学が直面する危機を回避する方策とは~」


 

平成26年度学生の授業時間外学習を促すシラバス作成法

■日時
平成27年1月14日(水) 13:00~15:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ1階アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
仲道雅輝(愛媛大学総合情報メディアセンター兼教育企画室)
■参加者
・愛大会場 6名[学内6名]
・e-learning 24名[学内4名・学外20名_香川大学(1),徳島文理大学(19)]
■内容
1. 授業デザインの考え方
2. シラバスとは何か?
・定義
3.授業題目・キーワードの書き方
・わかりやすく書く
4.目的の書き方
・授業の目的の書き方
5.目標の書き方
・到達目標の書き方
6.授業内容・スケジュールの書き方
・無理のない進み具合
7.授業時間外での学習を促す戦略
・外発的・内発的動機づけによる学習課題に取り組ませ   るコツ
・eラーニングを活用した課題への取り組ませ方
8.受講条件の書き方
・ニーズと授業内容のミスマッチ防止
9.受講ルールの書き方
・受講のマナー
10.教材に関わる情報の書き方
11.評価情報の書き方


 

平成26年度アクティブラーニング入門セミナー

■日時
第1回 平成26年12月18日(木)13:00~15:00
第2回 平成26年12月24日(水)10:00~12:00
■場所
愛媛大学城北キャンパス
愛大ミューズ1階 アクティブ・ラーニングスペース2
■講師
第1回 山田剛史(愛媛大学教育企画室)
第2回 小林直人(愛媛大学教育企画室)
■参加者
第1回
・愛大会場 3名[学内_2名・学外1名_高知工業高等専門学校(1)]
・遠隔システム 20名[徳島大学(8),阿南工業高等専門学校(4),愛媛県立医療技術大学(3),松山東雲女子大学(5)]
第2回
・愛大会場 11名[学内6名,学外5名_安田女子大学(2),今治明徳短期大学(1),松山東雲女子大学(2)]
・遠隔システム 22名[香川大学(1),徳島大学(8),弓削商船高等専門学校(2),高知工業高等専門学校(11)]
■内容
⑴アクティブラーニングとは
⑵深い学びに関するミニ講義&ワーク
⑶多様な教育手法に関する双方向レクチャー
⑷教育手法を体験する「ペア・リーディング」
⑸ワーク「90分の授業をデザインしてみよう」
・ワークの説明
・自身のシラバスを参考に1回の授業を抜き出す
・多様な教育手法,クラスデザイン例を参考に1回の授業案を作成
・ペアでシェア→全体でシェア
⑹ラップアップ~学びの振り返り~


 

平成25年度学生の授業時間外学習を促すシラバス作成法

■日時
平成26年1月15日(水) 13:00~14:30
■場所
①愛大ミューズ1階 アクティブ・ラーニング・スペース2
②遠隔システム
■講師
仲道 雅輝(愛媛大学総合情報メディアセンター兼教育企画室)
■参加者
①10名[学内_8名,学外_2名]
②21名
■概要
1.授業デザインの考え方
2.シラバスとは何か?
・定義
3.授業題目・キーワードの書き方
・わかりやすく書く
4.目的の書き方
・授業の目的の書き方
5.目標の書き方
・到達目標の書き方
6.授業内容・スケジュールの書き方
・無理のない進み具合
7.授業時間外での学習を促す戦略
・外発的・内発的動機づけによる学習課題に取り組ませるコツ
・eラーニングを活用した課題への取り組ませ方
8.受講条件の書き方
・ニーズと授業内容のミスマッチ防止
9.受講ルールの書き方
・受講のマナー
10.教材に関わる情報の書き方
11.評価情報の書き方