イベント・セミナー

 

ファカルティ・ディベロッパー養成講座2007

■日時

2007年3月26日,27日

■参加者

他大学教員31名,本学教員1名,見学者1名

■概要

2006年度特色ある大学教育支援プログラム「FD/SD/TAD 三位一体型能力開発」の関連事業として、教育・学生支援機構 教育企画室主催でファカルティ・デベロッパー養成講座を開催しました。講師にカナダマギル大学 学習サービス部門ディレクターのCynthia B.Weston (シンシア・ウエストン)氏を迎え、受講者33名(他大学教員31名、本大学教員1名、見学者1名)、ファシリテーター佐藤浩章(教育企画室副室長)、通訳3名、スタッフ5名の参加のもとに二日間に亘り開催しました。

 

3/26(月)<1日目>

挨拶(小松正幸学長)

オリエンテーション

・ファシリテーターよりスケジュールの説明

・受講者全員の自己紹介

・挨拶(シンシア講師)

セッション1【マギル大学FDプログラム体験受講】

・コンテキストについて全体での議論、ペアワーク(隣同士での話し合い)等

・マギル大学のFDワークプランを基にしたグループワーク、発表

(FDの取組を【ミクロ(教員個人、授業)】【メゾ(学部・学科)】【マクロ(全学)】 の3レベルに分けて考える)

・一日目に学んだアイデアのワン・ミニット・ペーパーへの書き出し

3/27(火)<2日目>

セッション2【マギル大学から学ぶこと】

・マギル大学でのFDフレームワーク紹介

・FDアクションプラン作成に係るグループワーク、発表、フィードバック等

セッション3【ふりかえり:現場への学びのテイクアウト】

・アクションプランの作成についての受講者の意見、感想の発表

・FDフレームワークを使いながらの教育技法についての受講者の意見、感想の発表

・挨拶(シンシア講師)

本講座の実施により、ファカルティ・デベロッパーの専門性を向上させることができ、また、継続可能なネットワークづくりを目指して、希望する参加者には教育企画室が運営している「大学間FDネットワーク」への登録を行うなど、孤立しがちな全国のファカルティ・デベロッパー同士のネットワークを構築することができました。(終了後に実施したアンケート(17名から回答)によれば、「講師のFD,学習、教授に関する考え方」「FDアクションプランの作成」等のほとんどの項目において100%に近い高い満足度が得られています。)

今後も、今回の成果を踏まえるとともに、アンケートで指摘いただいた点(参加者募集方法等)についても工夫改善を行い、さらに内容を充実させた研修を実施していきます。

 

なお、参加者からの主なコメントは以下のとおりです。

シンシア教授によるFDについての理論的な背景の理解。いくつもの点で曖昧だったものが整理された。また、各大学のコンテキストによってFDの状況や段階、目指すべき地点の異なり、それぞれが状況に応じて効果的な施策を考えることが必要であり、その際にはFD担当者のネットワークが重要であることと整理することができた。

自発的な授業改善の取組みを組織的に共有し、大学全体のFD活動につないでいく手法を学ぶことが出来た。その際に、共通のフレームワークを提示することの重要性も理解できた。

ほとんどの受講生は、FD活動を、授業改善の実践だけでなく、カリキュラムの編成や魅力ある大学作りの課題など、広く捉えていたように思う。この点について、シンシア先生の示されたフレームワークとの溝を埋められないまま研修が進んだように思える。この溝を埋めようとするなら、「FD活動とは何か」という、それ自身が研修のテーマになりそうな大きな課題に取り組む必要があるのではないか。本学においてFD活動を推進するにあたっては、この点の整理を踏まえて取り組んでいきたい。この点についての貴大学の取組みを学ぶ機会があれば、ぜひ参加したい。

参加者のFD経験やFDに対する意識に差があるので、同じレベルの人たちと研修が出来ればさらに良いと思います。

参加者のFD担当歴がまちまちだったので、もう少し参加者の条件を絞って、例えば、入門編、上級編くらいに分けた方がもっと効果があったかも知れません。

p_evt_faculty_1-1.jpg

 p_evt_faculty_1-2.jpg

 

 

p_evt_faculty_1-3.jpg

 

 


 

FDファシリテーター養成講座2006

■日時

2006年9月13日,14日 

■参加者

徳島大学3名,香川大学1名,三重大学1名,本学教員5名 

■概要

各大学,各学部,各学科においてFDを企画し,運営し,評価できる能力を修得する。 

1.

13日 オリエンテーション 

    アイスブレイキング 

    FD企画の立案と実施Ⅰ 「FDと教育改善」 

    FD企画の立案と実施Ⅱ 「ニーズの把握」 

    FD企画の立案と実施Ⅲ 「プログラム作成と方略の選択・手順」 

2.

14日 FD企画の立案と実施Ⅳ 「研修当日の流れ」 

    FD企画の立案と実施Ⅴ 「研修の評価」 

    FD企画の立案と実施Ⅵ 「プログラムの作成」 

    プログラム発表会 

    クロージング 


 

FDファシリテーター養成講座2005

■日時

2005年9月21日,22日

■参加者

徳島大学1名,高知大学1名,東京農工大学1名,室蘭工業大学1名,

今治明徳短期大学2名,本学教員3名

■概要

各大学,各学部,各学科においてFDを企画し,運営し,評価できる能力を修得する。

1.

21日 オリエンテーション

アイスブレイキング

FD企画の立案と実施Ⅰ 「FDと教育改善」

FD企画の立案と実施Ⅱ 「ニーズの把握」

FD企画の立案と実施Ⅲ 「プログラム作成と方略の選択・手順」

FD企画の立案と実施Ⅳ 「研修当日の流れ」

2.

22日 FD企画の立案と実施Ⅴ 「研修の評価」

FD企画の立案と実施Ⅵ 「プログラムの作成」

プログラム発表会

クロージング

p_evt_facili.jpg

p_evt_facili_right.jpg

p_evt_facil_left.jpg