イベント・セミナー

 

15.大人数講義法の基本(遠隔配信専用)

日 時:平成30年9月4日(火)13:00~15:00
配信先:SPOD加盟校
講 師:小林直人(愛媛大学教育・学生支援機構)
対 象:教員,とりわけ講義を受け持つようになって間もない教員
定 員:遠隔受講のため配信システムと各大学の受信設備が許す限り制限なし
参加者:21名(遠隔システム・DVD受講)  
目 標:
 学生数100人規模以上の大人数講義でも、分かりやすく知的緊張感があり、学生が参加する授業を実践するための、様々な授業スキルを身につけます。
内 容:
 1.大人数講義のメリットとデメリットについて考えます。また、なぜ大人数講義が必要なのか、大人数講義のデメリットをどうやったら克服できるのか、についても考えてみます。
 2.アクティブラーニングの授業スキルは大人数講義室でも実践できます。そのために必要なことは何なのか、参加者の経験を元に考えます。
 3.大人数講義用の階段講義室にいるつもりになって、簡単なグループワークを経験してみます。
 4.大人数の階段講義室で学生に小さなグループを作ってもらう方法や、学生が討論しやすい環境を提供する方法について、前項の経験を元に考えます。
 5.学生の発言を促すための授業スキルを紹介します。また、学生に質問を投げかけて学生間や教員とのやりとりをするための具体的な方法を考えます。
 6.学生に書かせることで議論を深め、学生同士の相互の学びを促すための授業スキルを紹介します。
 7. 黒板/白板への板書や、配布物(プリント、ハンドアウト)の工夫について、具体的な事例を紹介します。
 8. 上記のようなアクティブラーニングの授業スキルを自分の講義にどのように導入できるか、考えます。